真のがん日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 検査の結果について

<<   作成日時 : 2009/02/21 22:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

 昨日(2月20日)の検査について詳しく述べておこうと思います。今回は膀胱鏡の検査ではなく、細胞診だということで、不安な気持ちはほとんどありませんでした。近く行われる読書会(今回は金子勝の『世界金融危機』です)の報告を、わたくしが行うということで、その準備にかかりきりでした。そうですね、これまでで一番、安定し気持ちで臨むことができました。 9時予約です。5時におきて、お味噌汁を作り、お茶を沸かし、玄米を食べ、トイレに行き、8時10分病院に向かいました。

 とんだハプニング
 病院の受付機に診察券を通し、8時50分、受付機から出てきた紙を2階の泌尿器科の受付に出します。なんと受付は男の看護師さんでした。その紙をファイルに入れ、診察のときに医師に出すように言われました。「尿を出すことができますか?」「はい出ます」。コップを受け取り、採尿室へ行きます。採尿のときその紙が邪魔でしたので、トイレットペーパーなどをおく台の上に乗せておきました。尿が出終わったときコンコンとノックする音が聞こえたので、あわてて検尿台の上に尿をおいて採尿室を出ました。次の人がさっと入りました。そのとき気がつきました。何とファイルを採尿室の中に置き忘れてしまったことに気がつきました。な、なんとドジなんだろうと思って、空くのを待っていると、これまた何と間が悪いんでしょう。主治医の声がマイクでわたくしを呼ぶではありませんか。主治医の前でしどろもどろです。「あのー・・・受付の紙、採尿室のなかに置き忘れてしまいまして・・・」。結局後で持ってゆくことにしました。

 診察の結果は次の通りです。
@ベッドの上に仰向けになり右横腹と左横腹のエコーをとりました。腎臓の検査です。医師は「まったく問題ありません」とのこと。
A「しばらくレントゲンを撮っていないので撮りましょう」と主治医。「はいお願いします」とわたくし。そこでヨード造影剤を使用する検査説明書に署名しました。次回にIVPの検査と膀胱鏡の検査を行います。
B次回は5月下旬と決まりました。

 今日で最後の手術から2年7ヶ月、再発も転移も防いだことになります。

 レントゲンの検査はしたくないのですが、患者にとって早期発見は必要なことですので、受け入れようと思っています。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
真さん、yんさん そのほかの皆様お久しぶりです。
最近は出張続きですので、なかなか書き込みができませんでした。
出張はマレーシア・大阪・札幌・仙台と続きまして、気温変化に備え、体調管理には気をつけました。

真さん、コメントが遅くなり、ごめんなさい。2/20 無事にパスしてよかったですね!
最後の手術から2年7ヶ月ですか〜。私も改めて考えると、最後のBCGから2年5ヶ月が過ぎようとしています。
何度も思いますが、改めて気を引き締めていかなければ!
次回は5月下旬ですか?お互いがんばっていきましょうね!
たか
2009/03/01 22:10
 たかさん、こんばんは。お忙しいようですね。忙しいと気がまぎれていいという面と、ストレスがたまるという面があります。どうかくれぐれも身体に気をつけてください。
 わたくしも、気を引き締めなくてはならないと、最近強く思っています。2年半も何事もないと、追記が緩んでしまします。2年前はほんとうに必死に生きることを願い、自分を律していましたが、現在は、決して安全領域に入っているわけではないのに、普通の人のような気になって、食事と栄養・睡眠・ストレス・心の安定など合格点とはいえません。

 あなたがたびたび気の緩みについて、触れてくださることが、わたくしにはとても重要です。そのつど気を引き締めようと思います。ほんとうにありがとうございます。
 
日ごろの心構えによって、再発や転移を防ぐことができます。このことを信じ、実行するようお互いにがんばりましょう。

2009/03/02 22:31
真さん、こんにちは。

「安全領域に入っているわけではない」とはその通りですね。頭の中では理解していても、なかなか日常生活では忘れがちになりつつあります。
私は検査間隔が6ヶ月になりましたので、次回の検査が7月です。なので、まだ遠い先のことのようにとらえてしまいますが、実は自分の置かれている状況は、今までと何も変わっていないんだと、理解しなければいけないですね。

たか
2009/03/03 15:25
 たかさん、こんばんは。2年半という期間は、気の緩みが生じる時期なのかもしれませんね。丸山ワクチンもかなり前にやめ、にんじんジュースもしばらく飲んでいません。いま摂っているのは漢方(補中益気糖)とビタミン、それに乳酸菌くらいです。気持ちがなかなか、すっきりしません。毎晩夢を見ますが、不安を掻き立てる夢ばかりです。

 もう一度真剣に養生(生き方を含めた)を見直す時期に到達しているのかもしれません。もし毎日きちんとした生活ができなければ、再発や転移の可能性は高くなると考え、毎日毎日をきちんと生活して生きたいと思っています。

 検査7月とのこと。検査をひとつの生活のチェックと考えることができるかもしれませんね。そこでのクリアを目標に、そのために一日一日を確かに過ごすように、お互いに励ましあってがんばり過ぎないように、がんばりましょう。

2009/03/03 22:19
 6日、検査の結果を聞きに行ってきました。がん細胞は無しとのことホットしました。連絡が遅くなったのはハウスのビニール張り、その他の仕度でアルバイトを2人雇い昨日終わったばかりです。
 真さん、たかさん、私も最後のBCGから2年がたち気が緩んでいるのは確かです。この際、もう一度最初の頃を思い出して真剣にガンと立ち向かう様にがんばるつもりです。
Yん
2009/03/09 08:29
yんさん、お久しぶりです!よかったよかった。安堵しました。
毎回のことですが、検査結果が判明する前は緊張しますよね。

ハウスのビニール張り、お疲れ様でした。関東地方は2月の暮れから雨続きの空模様ですが、影響はいかがですか?これだけ雨が続くと気も滅入ってしまいます。やはり晴天が気持ちいいですよね!
たか
2009/03/09 09:56
 yんさん、検査、ほんとうによかったですね。さっそくワイン(yん)で乾杯したい気分です。ほんとうによかった!これもyんさんの養生がよかったからかもしれませんね。これからもともにがんばりましょう。

 yんさんの畑、大きいのですね。本格的にやってみえるのですね。きょうこちら(愛知)は暖かいのですが、ものすごい風が吹いています。そちらも風が強いのではないですか。ハウスが傷まないといいのですが・・・。
 

2009/03/10 17:31
 たかさん、関東は雨が多いとのこと。こちらは雨はそれほど多くはありません。昨日も降ると思ったのですが、霧雨がすこし降った程度です。きょうは快晴です。
 きょうは太極拳へ行ってきました。身体を動かすと、気分爽快です。

2009/03/10 17:37
 真さん、今yんをのみながらパソコンに向かっています。ハウスは180坪でスイカ、メロン、トマト、かぼちゃ、スナック、インゲン、水菜、青梗菜、小松菜を植え、来週あたりなす、ピーマン、きゅうり、オクラ、ししとうを植え、今月末露地にとうもろこしを植えるつもりです。
 話は変わりますが、ガンファイターさんのプログを毎日みています。我々と違い難しい病気の様で言葉のかけようもありません。陰ながら応援しています。特にこの病気の情報を皆さんで探してください。お願いします。
yん
2009/03/10 18:34
 yんさん、ハウスとっても広いですね。こちらは半分くらいの広さです。もちろん路地です。近くの農家の人が無料で貸してくれているんです。いまはブロッコリーがたくさん取れ、冷凍したり、ジューサーにかけて液体にして食べたり、煮物に入れたり、たべるのに大変です。いちどにどっと採れますものね。来週あたりからこちらも忙しくなりそうです。

 尿膜管がんのブログをみて、いつも冷静に、たんたんとブログを書いていて驚きます。ガンファイターさんほどの情報通にどこまで協力できるかわかりませんが、決して他人事とは考えられません。わたくしも尿膜管がんについて勉強してみます。

これから畑も忙しくなりそうですね。

2009/03/11 22:06
 最近、他のブログで膀胱がん手術の後、前立腺のPSAの数値が異常に高いがどうしたものだろうと質問を投げかけたところ、非常に詳しい方がおられ満足の回答を得られました。ところが、この方は7年前に膀胱がんで手術をしてBCG,真さん、たかさん、私と同じ経過をたどり5年後に再発、又
BCG,そのまた2年後再再発、今度は前回のBCGが副作用が強く抗がん剤に変更し現在2回目の膀胱内注入を行ったところだそうです。
 5年がひとつの目安と聞いていましたが、私たちは治ったのではと錯覚 してしまう今日この頃、やはりもう一度最初の頃に戻り気を引き締める必要があるのではないかと痛感しています。
yん
2009/03/19 17:50
 yんさん、その方は5年後に再発、またその2年後に再々発ですか。このことはわたくしたちが、決して治ったと勘違いしてはならないということですね。わたくしも5年再発がなければ治ったものと考えていました。これは誤った考えなのですね。心にはっきり銘じておきたいと思います。またBCGが使えなくなることも知りました。情報ありがとうございます。

 ところで名古屋では開花宣言がありました。今日墓参を済ませた後、友人と山道を歩きましたが、しでこぶしの花、つつじの花(種類はわかりません)が咲いていました。木の芽も吹き出し、いよいよ春です。心がわくわくします。


2009/03/20 21:22
こんばんは、お久しぶりのとしりんです(^^)

膀胱がんの完治について、主治医と以前話したことがあります。
再発しやすい膀胱がんの完治と言えるのは10年だそうです(-^-;)
他のがんと違うんですね。。。

今月、安保徹先生の講演会を聞いてきました。
「安保流 ピンピンコロリ術」実践したいと思ってます(^^)
としりん
2009/03/23 22:28
 としりんさん、ごぶさたしております。そうですか、完治といえるのは10年ですか。そうならなおさら、「治ってから…する」という考えではなく、この生きている「いまを大切に生きる」ということが重要ということになるのですね。
 ピンピンコロリ術、お暇なときにでも教えてくださいませんか。

2009/03/24 17:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
検査の結果について 真のがん日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる