真のがん日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 永田勝太郎さんの思想-生きる意味の重要性について

<<   作成日時 : 2009/03/30 22:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

 次のURLに 鎌田實さんと永田勝太郎さんの対談がのっています。鎌田さんは「がんばらない」であまりにも有名な医師ですが、永田さんは心身医学・精神薬理学教授です。
http://www.gsic.jp/support/sp_02/kvs/04_01.html
 以前、永田さんの話をラジオできいて、いたく感動し、ネットで検索し、このページを探りあてました。永田さんはあの有名な『夜と霧』の著者V.Eフランクルに強い影響を受け、フランクルとも面識がある方です。ご承知のようにフランクルは、ナチのアウシュビッツ、ユダヤ人虐殺から奇跡的に生きのびたユダヤ人の精神医学者ですがその体験を綴ったのが『夜と霧』です。わたくしもこの本は若いときに読み、つよい影響を受けました。フランクルは収容所のなかの過酷な環境のなかで、死んでゆく人々と、生きのびている人がいるのを見て、どこが違うかを観察するのです。そして生きのびている人は、みな目的をもって生きていることを発見するのです。「子供のために死ねない」、「どんな困難でも希望をもって生きる」などです。永田さんはこの立場を受け継いでいるように見受けられます。永田さんの話はがん治療にも深く関係しています。詳しくは上記URLをごらんいただくとして、対談の内容のほんの一箇所がん治療に関係するところだけを紹介いたします。

 永田さんのある研究
 永田さんは88年から98年にある研究をします。がんと告知され、予後が6ヶ月未満、自分の意志で来院し、自分の口で食べられ、心理療法を理解できる28人の「患者さんたちに、まずエネルギーを補うための薬剤である補剤を16.4カ月間投与しました。補剤としてはコエンザイムと朝鮮人参のコウジン、漢方剤の十全大補湯、補中益気湯、人参栄養湯などを証に合せて使用。その結果、余命6カ月と宣告された方が平均18.37カ月生きるなど、予想された余命の約3倍もの延命効果が見られたのです」。

 QOL(生活の質)の変化
 QOL(生活の質)はどうかというと、食欲が進み、痛みが改善され、「さらに興味深いのが、調査を進める中で、実存的転換を果たしたのではないかと思われるケースが28例中6例もあった」といいます。要するに何が変わったかというと、「『可愛いおばあちゃん、おじいちゃん』になってくるんですね。それでいて自分のやりたいことはしっかりと成し遂げるような、『素直でしたたかな生き方』に変わって」きたといいます。ここに実存的転換とは生きる意味の転換のことを言います。

 予後にいちじるしい変化 実存主義的転換と至高体験その他の条件は変わらないのですが、実存的転換を果たしたグループは、「予後に関しては、明らかに実存的転換を果たしたグループのほうが予後がよい」といいます。さらに永田さんはいいます。「ここで注目すべきは『至高体験』の有無です。がんがきっかけになって、たまたま訪れた先で素晴らしい人に会えたとか、美しい自然に心を打たれたという具合に、『ああ、生きていてよかった』と思えるような感動的な経験をしたかどうか。これが、患者さんの実存的転換に大きくつながっているという結果が出た」といいます。

 実存的転換のメカニズム
  「つまり、補剤を投与したり、患者さんの人生に共感するような実存的なアプローチを続けていくと、QOLがよくなり、食欲が増すと同時に痛みが改善される。のみならず、至高体験を通じて患者さんの人生観が変わり、素直でしたたかな生き方に変わってくる。これが、実存的転換のメカニズムといえると思います」と永田さんは述べています。

 以上ほんの少しばかり紹介しました。皆さんはどのようにお考えでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
 最低でも1ヶ月に一回は、新規投稿をしようと思っていましたのに、1ヶ月以上も過ぎてしまいました。ご無沙汰なのは「健康」な証拠かも知れませんが、他面、気を抜いているのかもしれません。病気のことで気を抜かず、それでいて病気のことを忘れて前向きに生きることと自分に言い聞かせています。最近読んだ本、ネグリとハート『帝国』、『マルチチュード』。映画「おくりびと」はまだ観ていません。

2009/03/30 22:37
 真さん、ご無沙汰しています。皆さんが便りのないのは元気の証拠だと思います。私も特に変わったことはありません。そこで病気のことをちょっと忘れてハウス情報を。
 スイカはピンポン玉位になり、メロンは3−4本子をのばし10葉を超えたので、いよいよ孫に実をつけるところまできました。あとはトマトがやはりピンポン玉、きゅうりに花がさき、かぼちゃの交配をすませたところです。
 このような状態で、すっかりご無沙汰してしまいました。真さんのところはいかがですか?
yん
2009/04/19 18:37
 yんさん、ご無沙汰しております。yんさんは本格的に農業やってみえますね。スイカ、メロン、きゅうり、かぼちゃが成長していく姿を見るのは楽しみで章ね。かぼちゃの交配は筆で行うのですか。わたしのほうはといっても妻が中心ですが、妻の健康が思わしくなく、畑を縮小しようと話し合っています。作物を作らないところは、マルチしておこうと話し合っています。いっぱいつくったブロッコリーもさすがに、なくなってきました。先日はえんどう豆の棚を作りました。今日は大根を畑の土のなかに埋めておいたものを、掘り出してきて鍋にして食べました。妻がN市に出かけていたので、自分でつくりました。かぼちゃの苗もまだ植えていません。先日雨が降ったので植え時だったのですけどね。すべて路地ですけれど土作りがうまくいっていないみたいです。畑も楽しんでやる分ではいいのですが、なかなか大変です。虫がついた、病気づいたで一喜一憂です。

2009/04/19 22:32
真さん、yんさん、お久しぶりです!
私は3月後半から中間決算と税務調査が重なってしまいまして、GW前までバタバタしておりました。来週からまた税務調査が再会しますので、あと1週間程度の辛抱が必要です。(笑)

私は今春、庭の芝を入れ替えました。数年放置していたので、酷い状況でしたから。週末は芝の植え替え作業に没頭していたので、意外とストレス解消になっていたようです。こちらもGW前に終了し、思いがけない雨の影響で大分芝も生き生きし始めました。
たか
2009/05/08 10:25
そうそう、忘れていました。
再来週からハワイに遊びに行ってきます。仕事は少し重たいですが、気分はもうハワイの青空です。(笑)
時間があればハワイから書き込みますね。
たか
2009/05/08 10:28
 たかさん、ごぶさたしております。税務調査、大変のようですね。身体に留意してがんばってください。こちらも3日間連続雨でした。きょうは曇りです。妻の健康状態がよくなく、今日市民病院へ行ってきました。畑から帰った妻が「心臓が苦しい」と言い出し、みゃくを診ると、とんでいるみゃくがあり、病院に電話し、救急の医師に診てもらいました。結果はたいしたことないとのことでホッとしました。
 こちらは「にせあかしや」の花が満開です。においがすばらしいですね。
 5月末にはいよいよIVP(腎盂の検査)を含む膀胱鏡の検査があります。体調を整えのぞみたいと思っています。
 ハワイの青空楽しんできてください。

2009/05/08 18:41
凄く困ってます☆ love-cac@docomo.ne.jp すぐに連絡ください
ななみ
2009/06/26 20:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
永田勝太郎さんの思想-生きる意味の重要性について 真のがん日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる